上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末は



週末はおにんぎょう遊びを
Maison de Lapin 5.14-5.15


* * * * * * * * * * 

●Date:
2016.5.14(sat), 5.15(sun) 12:00~16:00

●Place:
メゾン・ド・ラパン アトリエ
東京都杉並区和田1丁目70-16
☎03-3384-1751
地下鉄丸ノ内線「東高円寺」駅下車徒歩8分

●Exibitor: (50音順)
kus。usagiの仕立て屋
湖底サロンで
Tiny Country
nananogh chocolata
bonbon du coton
Miina Rinnut
メゾン・ド・ラパン


1/6ドールのアウトフィットや小物などの展示即売会を2日間にわたり開催いたします。
会場のメゾン・ド・ラパンさんのアトリエは、
東京・杉並区の閑静な住宅街にひっそりと佇むすてきなお店。
初夏のお出かけに、ぜひおにんぎょうを連れて遊びにきてください。


* * * * * * * * * *

というわけで、
楽しいイベントになるよう、
ただいま、らぱんさんや参加のみなさまといっしょに
いろいろと打ち合わせを進めております。

2日間にわたっての開催なので、
ご都合にあわせてお散歩がてら、
遊びにきていただけたらとてもうれしいです。
わたし自身もとても楽しみです!


商品のプレヴューや、追加の注意事項などは、
随時お知らせしていきたいと思いますので、
ぜひお出かけの予定にチェックしてくださいね〜




2016.03.07 The Girl In Rabbit
大阪Salon de Junie Moonのお茶会、終わってしまった・・・!
3/5・6に開催でした。

ええと、
いまさらですが、納品させていただいたドレスセットをご紹介します。


* * * * *

『The Girl In Rabbit』

thegirlinrabbit-1.jpg


そしてあたしは
薔薇色の瞳を輝かせ
首に結んだリボンをなびかせながら
高らかに復活の旗を掲げるの!


* * * * *


ウサギのふりをしていたら、いつのまにか本物のウサギになってしまった女の子。
イースターのお祝いにはりきっています。


●うさぎワンピース(しっぽ付き)
●あめちゃんヘッドドレス
●ポンポン付きソックス
の3点セットです。


thegirlinrabbit-3.jpg


thegirlinrabbit-4.jpg


thegirlinrabbit-2.jpg


久しぶりにアップリケのお洋服をつくりました。前身頃には裏地が付いています。
ひとつひとつ刺していますので、顔がみんなちがいます。
ぶさいくなほどかわいいのですが、なかなか難しい・・・

頭にはあめちゃんヘッドドレス。
ウサギが大きなキャンディーを頭に乗せて、
バランスをとりながら飛びはねていたらかわいい気がして、こうなりました。


どなたかウサギを連れて帰ってくださる方がいますように。



さいごに、
金井美恵子の短編から一部を引いておきます。


少女は私の様子にはまるで無頓着で、
しきりと耳を動かしたり、後脚で耳の後を掻いたりしているのだ。
むろん、耳の後の部分に痒みがあったからではなく、
長い間の習慣となった兎的動作の痙攣のようなものだったのに違いなかった。
                      ——金井美恵子『兎』より





2/16(火)~3/13(日)に代官山Junie Moonにて開催される
『Sewing my way』展にドレスセットを納品しました。
ドレスの販売は2/20(土)予定とのことですが、
詳細は代官山Junie MoonさんのHPでご確認ください。


以下、商品のご紹介です。


* * * * *

『H氏の恋』 - L'amour de Monsieur H -


H氏の恋1


恋は切ないミステリー。

いつも屋根裏でミシンを踏んでいる少女は、
窓からそっとH氏のことを見つめています。
H氏は隣人の女性に恋しており、
少女はそんなH氏にまた、叶わぬ恋心を抱いているのでした。
彼女の秘密の恋を知っているのは、クマのぬいぐるみのフランソワだけ。
しかし思わぬ殺人事件が起こったことから、
少女は運命のいたずらに巻きこまれ・・・



H氏の恋2

※クマのフランソワ役はmintaさん作のモールベアにお願いしましたʕ•͡ᴥ•ʔ


H氏の恋5


というわけで、
仕立て屋H氏に片思いする、見習いの少女をイメージしたドレスセットです。

●真っ赤なリネンのワンピース
●千鳥格子のエプロン
●ハサミのチャーム
●色ちがいソックス
●テディベアのヘッドドレス
の5点セットです。

※ご注意※
作品の一部にヴィンテージ素材を使用しています。
経年変化による生地の傷みやシミなどがある場合がありますが、
風合いとしてお楽しみいただきますようご理解ください。


* * * * *


今回もいろいろもわもわ妄想しながらつくりました\(^o^)/妄想バンザーイ

パトリス・ルコントの『仕立て屋の恋』(1989)がイメージソースになりました。
先日、久しぶりに映画を観かえしたのですが、
主人公がミシン踏んだりなどの仕立て屋のお仕事をしているシーン、
冒頭にほんのちょっぴりあるだけでした(笑)
おかしいなー、もっとあったと思っていたよ・・・
タイトルの印象が強すぎたみたいで、思いちがいに驚きました。

原題は、“MONSIEUR HIRE(イール氏)”で、
たんに主人公の名前だけなので、
『仕立て屋の恋』っていいタイトルだなあと思います。

それにしても、なんて切ない恋物語だ。最後の告白のシーンで泣いちゃうよ。
ミシェル・ブランのさみしげな瞳がたまりませんね。若ハゲでもステキです(#^o^#)

ミシェル・ブランといえば、
先日公開された『愛しき人生のつくり方』(2014)も観ました。
こちらはありきたりな邦題のせいで、インパクトが弱くてソンしてる気がしますが、
じんわりと、小粋な、なかなかいい映画と思います。
トリュフォーへのオマージュが散りばめられているのもトリュフォー好きにはうれしいところ。
(なので、上記ポエムのクマの名前をフランソワにしてみました)

ミシェル・ブランはあいかわらずつるつるのおっさんなのですが、
ちょっと情けない役がハマってて、
画面に映るだけでちょっとうれしくなってしまう、魅力的な俳優さんです。


* * * * *

ではでは、
代官山ジュニームーンにぜひお出かけください。
どうぞよろしくお願いいたします!

毎度だらだらエッセイにおつきあいいただき、ありがとうございます。
さいきんあまりブログ更新していないのですが、
辛抱強く読んでくださるあなたに感謝です♡♡♡



ドールショウに参加いたします。

ドールショウ45冬池袋 
2016年1月17日(日)
会場: 池袋サンシャインシティ Dホール
ディーラー名: kus。bonサロン + nananogh
ブースNo: A-35, 36


kus。usagiの仕立て屋さん
bonbon du cotonさん
nananogh chocolataさん

と、4人での参加です。



「湖底サロンで」ではこちらのお洋服を販売いたします↓

20160112.jpg

『小さなもみの木』

ひとつ前の記事でご紹介しているセットの、
帽子が色違いのヴァージョンになります。


新会場でのドールショウ、どんな感じになるのでしょう~。楽しみです。
ぜひ遊びにいらしてください!



12/5・12/6に大阪Salon de Junie Moonにて開催される
クリスマスパーティー(お茶会)にドレスセットを納品します。
詳細は大阪salon様のブログでご確認ください。

以下、かんたんなご紹介です。



『小さなもみの木』


momi-1.jpg



クリスマスツリーになることを夢見る、小さなもみの木。
森の奥に佇んで、じっとそのときを待っています。


momi-2.jpg


今年はうんと背も伸びたし、
枝ぶりだって、ほらこのとおり。
みどりの香りもかいでおくれ。

この枝先にいろとりどりの揺れる飾りや、
きらきら光る玉のくさりを巻きつけて、
てっぺんには金の星。
部屋に響く讃美歌、
子どもたちのはしゃぎ声、
足元にはたくさんの贈り物・・・

ああ、
はやく誰かぼくを迎えに来てくれないかしら!


momi-3.jpg


momi-4.jpg


* * * * *

りっぱに飾られたクリスマスツリーに憧れる、
小さなもみの若木をテーマにドレスセットをつくりました。

胸元に刺繍をしたミニドレス、
もみの木が何よりも憧れるプレゼントボックスの形をイメージしたベレー、
ソックスの3点セットです。

* * * * *

お茶会に参加される方、
大阪salon de Junie Moonに遊びに行かれるみなさま、
どうぞよろしくお願いいたします。


追記は制作秘話(?)というか、いつものだらだらエッセーです〜



+++++++++++++++++++++++
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。