上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今夜のSHOP、無事に完売いたしました。

ご来店くださったみなさま、
お買い物してくださったみなさま、
ありがとうございました!!!
本当に感謝です〜(> <)

いつも、なにをどれだけ作ったらいいものやら、
とーっても悩みますし、
人気予想もハズれてしまうのですが(おいおい)、
これからもマイペースでがんばっていきたいと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。。。


RIMG3014.jpg



今回、SHOPに並べた2品、
カントリーテイストなワンピと、リュクスな雰囲気を目指したBagと、
テイストがぜんぜん違うみたいに思われるかもしれませんが、
わたしの中では共通したイメージを持って作ったつもりなのでした。

覚え書きのためと、暇つぶしに書いておきたいと思います(^^)



フランス語に、「野の鍵」(la clef des champs ラ・クレ・デ・シャンと読みます)という表現があるのですが、
これは「野外に出る自由」をあらわす慣用句として使われる言葉なのですー
すてきな表現だなーと思って気に入っているのです。


たとえば、
avoir la clef des champs(have the key of field=野の鍵を持っている)というと、
「自由に出入りする」という意味ですし、
donner la clef des champs(give the key of field=野の鍵を与える)というと、
「自由にする、解放する」というような意味になり、
prendre la clef des champs(take the key of field=野の鍵を使う)というと、
「立ち去る、逃げ出す」というような意味あいでつかわれます。
(辞書にのってます)


「野の鍵」

自由とは、
野原へと通じる鍵。

また「野の鍵」とは、野原そのものを扉のようにひらくことのできる鍵、とも読めます。
どこでもドアみたいに、野原にぽつんと扉があるようなイメージも・・・

野原とは、つまり自然と同義でしょう。



そんなことを考えながら作りました。
ブライスさんを、広い野原の真ん中で撮影したいという野望もこめつつ。。。






最後まで読んでくださった方、ありがとうございました(*^_^*)







MERCI d'être venu!
よろしければぽちっと↓↓↓
コメントもお気軽にどうぞ。





にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://salonaufonddunlac.blog.fc2.com/tb.php/192-1d2ce40d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。