2012.11.08 テリーマン靴
2012年11月9日(金)22時~SHOPオープンします♪

SHOPはこちら→ 湖底サロンで*** un salon au fond d'un lac *** SHOP


【プレビューはこちら】
晩秋のパッチワークコートセット  Aセット・Bセットともに各5,000円
東欧が薫るクロスステッチのワンピース【長袖】  2,000円

※それぞれタイトルをクリックすると、詳細記事に飛びます♪

利用規約→  もお読みくださいませ。



すでにたくさんの会員登録、ありがとうございます。
ご来店、お待ちしております<(_ _)>


+++++++++++++++++++++++


HANONさんのキット製作からはじまった靴づくり、
まだ続いていました。


RIMG2092.jpg


じゃん♪


RIMG2093.jpg


今度は、ふつうのコットン地に、厚手の接着芯を貼ってつくってみました。
ちょうどレペットのバレエシューズで、
こんなふうにトウに星がついたのを持っているのです♪


が、
・・・おうちの人に見せたら、
「テリーマンみたい」って言われました。
テリーマン知らないよって若い方は、ググってみてくださいね♪


RIMG2096.jpg


・・・・・。
テリーデリシャス。

そいや全体的に星条旗のような配色。大統領選もあったし、タイムリー?


RIMG2094.jpg


やっぱりキットどおり、レザーで作った靴がいちばんかわいいですね(笑)
赤い靴がHANONさんのキット、
ゴールドのは手持ちの合皮で作ったものです。

やっぱりけちけちしないで、カットレザーを買いに行くが賢明のようです。

でも、カットレザーってなかなか売ってないですよね?
わたしがみつけられないだけかしら。。。


RIMG2090.jpg


↑いま府中美術館でやっている『デルヴォー展』、
どうしても見たかったので、子連れ敢行して見てきました!


しかし、魔の2歳児。。。
会場に入るやいなや、裸体の絵を見て「ち○ち○」「おぱい」と騒ぎはじめ、
場内に声が響くのが楽しいのか、
わざと「あ゛ーーーー」と大声を出し、走り回る始末・・・!!


もう、ちっともゆっくり見られませんでしたorz
幼児の口を押さえて抱きかかえ、早足で見て回りました。

入場料900円払って、展示会場にいたのはおそらくたった3分・・・・
もう、泣きたいです
やはり子連れは無理でした。


そんなわけで、
ひとつひとつの絵をじっくり見ることはできませんでしたが、
大作もいくつか来ていて、
デルヴォー70代の熟年の作品には圧倒されました。
初期のデッサンや風景画も興味深かったです。
よく「へたうま」と言われるデルヴォーですが、
そんなことない、絵うまいじゃん!! と再認した次第です(失礼です)

画家がコレクションしてた鉄道模型や、いろんな機械のオブジェも、
そのまま絵の中に登場しているのがおもしろかったです。


学生のころデルヴォー研究していたSさんが一緒だったので、
いろいろ解説してもらえると期待していたのに・・・む、無念なり。


は〜・・・もういちど行くか迷ってますが、
美術館のまわりには森や公園がひろがっていて、
ブライス撮影スポットとしても、絶好の立地でした♪







MERCI d'être venu!
よろしければぽちっと↓↓↓
コメントもお気軽にどうぞ。





にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://salonaufonddunlac.blog.fc2.com/tb.php/147-2624149e