上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/31~4/19、代官山Junie Moonさんにて開催される『Mama's Kitchen』展にドレスセットを出品させていただきます。
販売は4/4(土)より行われるようです。詳しくはJunie MoonさんのHPをcheckしてください♪

「湖底サロンで」のお洋服はこんな感じになりました。



『春の森で午後5時にお茶を』



haruocha-1.jpg


ママの言いつけを守って
せっせと集めた花の蜜
とろりひとさじ ごほうびの味
さあ 少し遅いお茶の時間にしましょう
黄昏せまる春の宵に
湯気がのの字にのぼります


haruocha-2.jpg


森を統べる春の女王さまの22番目の末娘で、
昆虫の羽根をもつ小さなお姫さまのドレス。
ミツバチたちといっしょに1日じゅう野原を飛びまわり、
花の蜜をたくさん集めたおてんばなお姫さまは
夕方のお茶の時間になって、ようやくひと息をつくのです・・・


haruocha-4.jpg


花のドレス、ソックス、ティーセットの3点セットです。
●ドレスの前身ごろには、ピンタックと共布のリボンを飾りました。フリルたっぷりなアシンメトリー&イレギュラーヘムのスカートがポイントです。
※大柄の生地を使用していますので、柄の出方がひとつひとつ異なります。ご了承ください。

haruocha-3.jpg

●ポットとカップには、ひとつひとつ花模様を手描きしました。蜜入り紅茶を楽しむお姫さまのためのティーセットです。






++++++++++++

少しずつ日が落ちるのが遅くなってきて、
夕方の時間がだんだん長くなりつつあるこの季節。
なんとなく、ムーミン谷に帰って来たスナフキンのような気分になってみたり、していました。
(ムーミン一家は冬眠してしまうので、スナフキンは冬のあいだは南の国へ旅に出ていて、春になるとムーミン谷に戻ってくる)
夕方、テントを張って、目の前の景色を楽しみながら
コーヒーを飲んだり、パイプをふかしたり、ハーモニカを吹くスナフキン。
それが午後5時かどうかはわかりませんが、
このところ、わたしがお茶を飲もうかなと思うとたいてい夕方5時すぎなことが多いです。
ゴゴゴジという、gの響きも呪文めいた逢魔が刻、
夕焼けの陽を浴びながら帰宅する道すがら、
いろとりどりの花々に続いて、
桜のつぼみが日に日にふくらみ、あるいは少しずつほころび、
そうかと思うと一斉に咲き急いでゆくのをしげしげと眺めつつ、
家に帰ってあたたかいお茶を淹れることを、何度も夢想しました。

春の夕暮れどきはちょっとさみしくもあり、
でも新しい季節のうねりに焦燥感をかられたり、
でもやっぱりうきゃうきゃしたりと、不思議な時間です。


それと、わかる人にはモロバレと思いますが、
今回のタイトルはとある作家のエッセイにもちなんでいます。
午後5時のお茶って、夜型生活の人がちょうどブランチ感覚でお茶する時間なのかもしれませんね。


そんなこんなで。
イベントのテーマであるレトロPOPな『Mama's Kitchen』とはちょっとズレてしまったような気もしなくもないのですが、
なにとぞご容赦ください。。。
どうか気に入ってくださる方がいらっしゃいますように。
どうぞよろしくお願い致します。



hono★
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。